会社の象徴 アイコン理念について

弊社のアイコンは、デザインもコンセプトも代表取締役である私が手がけました。ひとりひとり社員にも、これから私たちの仲間になって頂ける方にも、知っていただければ幸いと思いアイコン理念を書きます。

「三日月」の持つ意味

三日月は、満月へ向かう満ち欠けを表現しており、その意味は「成長」を表すそうです。立ち止まっては進歩はない。私たちは現在を維持するためにいるのではありません。私たちが未来を創り続けるためには、常に「成長」する必要があります。誰もがそのことに意識を持って進んでもらいたいという願いを込めて三日月があります。

「狼」の持つ意味

狼は群れで生活する象徴であり、「組織の絆」を表しています。組織は独りで行動し、独りで成功させることではありません。社員が皆、支えあって、刺激しあって成長していくものです。狩りでは協力し、親を敬い、リーダーについていく。絆の強い組織を作りたい。その思いから狼がアイコンにいます。

「一番星」の持つ意味

何もない空に輝くひとつの星。それが一番星です。この一番星には届きそうで届かない「夢」や「理想」を表しております。私たちは常にあの一番星を目指し、理想を追い求め続けることを表現しています。

「遠吠え」の持つ意味

狼は一番星に向けて遠吠えしております。遠吠えは「決意」を表しています「夢」や「理想」に対し、「成長」を怠らないこと。組織としてひとりひとりが「決意」をすることを表しています。

「ダイアモンド」の持つ意味

狼の胸に光る赤いダイアモンド。誰もがひとりひとり持っている、変えられない「想い」を表しています。。会社の為に、個を捨てる時代は終わりました。社員が持つ「想い」を集め、大きなダイアモンドで「夢」や「理想」を叶えたい。「未来を創る」のは会社ではありません。同じ「夢」を持ち、みんな違う変えられない想いを持つひとりひとりが集まって「未来を創る」のです。

アイコンの理念とは

  • 「成長」を目指し
  • 「組織の絆」を強く持ち
  • 「夢」や「理想」を追い求めること
  • 進み続けることを「決意」し
  • 変えられないダイアモンドのような「想い」を持つ

私たちと、DiamondWorksで世界を変えていきましょう